事故後に体の痛みが出てきてしまったら…

前回のコラムでは、事故に遭った際に少しでも体に違和感があったら病院を受診するようお話ししました。

では、事故に遭った時に体に違和感が無かったのに、後から痛みが出てきてしまった場合にはどうしたらよいでしょうか?

・病院を受診する

まず、すぐに病院を受診しましょう。

受診までの時間が経てば経つほど、事故と怪我の関係性に疑問を持たれてしまい、治療費の支払いを受けることが難しくなる可能性があります。

病院を受診したら、医師に診断書の作成を依頼してください。

ここで注意するのは、「病院」を受診するということです。

整骨院や接骨院の先生は医師ではありませんので、診断書の作成を依頼することはできません。

受診する際は、必ず病院へ行くようにしましょう。

・相手方保険会社への連絡

病院へ受診する前には、自身の任意保険会社だけでなく、相手方の保険会社にも体に痛みが出たこと・病院を受診することを伝えるようにしてください。

・人身事故への切り替え

事故に遭った時に体に痛みが無かったということは、物損事故として警察に処理されているはずです。

速やかに警察へ行き、人身事故に切り替えるようにしましょう。

一般的な切り替えの手順は、

警察に事前連絡 → 切り替え申請 → 実況見分

です。

実況見分まで終了すると、人身事故への切り替えが完了したことになります。

なお、申請や実況見分の際には、被害者・加害者が揃って参加する必要がありますので注意が必要です。

・弁護士へ相談

人身事故に切り替え、相手方の保険会社が事故と痛みの因果関係を認め、治療費の支払いがされるのであれば問題はありません。

しかし、事故から多くの時間が経過していることを理由に因果関係を否定され、治療費の支払いをしてもらえないという可能性もあり得ます。

そんなときは、諦めずに思い切って弁護士に相談してみてください。

当事務所では、現在までに数多くの交通事故案件を取り扱ってきました。

経験豊富な弁護士が解決に向けてのお力添えをさせていただきますので、お悩みの方・不安を感じている方は、お気軽に当事務所までお電話(TEL: 0276-56-4736)ください。

前の記事

交通事故に遭ってしまったら…