case-1

後遺障害等級14級9号が認められ、保険会社から提示された2倍の賠償額が認められた事案

被害者藤岡市 M・Kさん(30代・男性・会社員)
事故状況加害者が運転する車両が被害者が運転する車両に追突
後遺障害等級14級9号
過失割合
当初提示額人的損害 約65万円
物的損害 -
解決額人的損害 約127万円 (62万円の増額!)
物的損害 -
交渉期間5か月

【お客様の声】

私は、交通事故に遭い、頸椎捻挫などの怪我を負いました。
腕のしびれなどの症状があり通院を続けていたのですが、事故の相手方からは治療の打ち切りを宣告されてしまいました。
私は、相手方に、もうしばらく通院したいと話したのですが、聞き入れてもらえませんでした。

どうしたらよいか途方に暮れた私は、自分が契約していた自動車保険に弁護士特約を付けていたことから、弁護士さんに相談することにいたしました。
上野弁護士にご相談の上ご依頼したところ、早速相手方と交渉してくださいました。
そして、打ち切りを宣告されていた治療を引き続き受けられるようにしてくださったのです。

また、先生のご尽力により、相手方から当初提示されていた金額のおよそ倍の賠償金を支払ってもらえることになりました。
満足いくまで治療を受けることができたのも上野弁護士のおかげです。本当に助かりました。ありがとうございます。

終了日:

次の記事

case-2